街角ギャラリーミモザブログ

街角ギャラリーミモザのブログです。
<< 淡水エビ(ミナミヌマエビ) | main | 復活・・・ >>
八女散策

 昨日の休館日1月15日(火)を利用して八女市に在る「坂本繁二郎画伯」の旧居、アトリエ跡地、筆塚を見て回ることにしました。きっかけは、テーブルの上に置かれた八女市の小冊子です。

 詳しい地図が欲しかったので、所在地調べから始めます… ネットで検索すると在りました。八女○○町○○番地の大まかな地理を頭に叩き込みます。次は、旧居から約1キロほど離れたところに在るアトリエ跡地へ… 大きなカントリーがあるところから西へ向かったところの川沿いに、アトリエ跡地がありました。

 自宅からアトリエまでの道のりをバルビゾンの風景と評した坂本画伯、その当時の面影を想像するばかり。アトリエ跡地に建つ、坂本画伯が作品収納のために建てたという倉庫は今も残されていますが、放ったたかし感は否めません。

 筆塚のある「無量寿院」に訪問しますが、お墓は無く納骨堂に保管とのことでした。

 親友だった「青木繁」も八女市に深い縁があるのです。それは母親の出身地が八女市岡山で、「青木繁生家跡」と云う石碑を先日見つけたことがありました。

 この石碑はもともと現在荘島に在る青木繁旧居復元工事中に行方不明になった石柱そのものです。なぜ、このようなことになったのか、話は今後、出来る限り続いていきます。

今後の展開をお楽しみに…

MIMOZA日記 14:55 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS